PARIS【パリスドッグ】トイプードル ブリーダー 子犬販売 of scott

TOY POODLE

犬種 トイプードル
生年月日 2015/3/12
性別 男の子
カラー アプリコット
体重 600g  
予防接種 ワクチン5種接予定
両親 父親:レッド2.5kg
母親:レッド2.3kg
血統書 JKC申請中
成犬時体重 1.8〜2.5kg



scott1504251.jpg

スコットくん

性格・カラー

整った顔立ちの女の子みたいな美形の男の子。性格も女の子みないに控えめでおとなしく優しいおっとりクンです。先住犬の居る2匹目として迎えるにはオススメの子でもありますし、初めて飼われる方にも大変飼いやすいワンちゃんです。キラキラした瞳が吸込まれそうでとても可愛いく、バランスも整い、父親と母親の両方の良いとこ取りをした子です。
お話が大好きで、話かけると目をじーっと見て、首をかしげて一生懸命聞いてくれます。落ち着きのあるクールな男の子で、ガチャガチャとしていないので とても飼いやすい子です。
毛色は、明るく優しいアプリコットです。アイラインもくっきり入り、お鼻も足裏の肉球も真っ黒で、容姿については申し分ありません。背線もまっすぐでスタイルも抜群。父親も母親も目が大きく大変可愛い顔立ちです。将来的には、タイニーサイズに成長すると予想しています。毛量も素晴らしくモコモコと豊富で、プードルは毛量が命とも言われていますので大変満足して頂ける子犬です。
大きさは、生まれた時から小さめで食欲はしっかりありますが、大きくなりにくい体質です。ちょこちょことした動きがとっても可愛いく、ピヨピヨと鳴るおもちゃが大好きなので、寂しがらずに静かにお留守番もできるいい子に育っています。

健康状態・予防接種

母親の母乳でしっかり育ち、今はフードをしっかり食べ便の状態も良くコロコロとしています。ワンちゃんは、小さいながらも、元気で健康にスクスクと順調に成長しております。
お鼻も足の裏も黒く色素のしっかりしたワンちゃんです。ミスカラーもありません。
噛みあわせも問題なく、ペコ、ヘルニア、でべそ、膝も問題なく、今のところ欠点はありません。ワンちゃんは生後2ヶ月前後で健康診断を受け、健康状態で異常なしと診断されてから、ワクチン予防接種を済ませ、それからのお渡しになります。健康で元気にしております。体力もしっかりしていますので、空輸便で送る際も問題ないですのでご安心ください。

トイレトレーニング・しつけ

ワンちゃんは大変賢く覚えが早いのでトイレトレーニングも順調です。夜中でも一人でトイレトレイのシーツへ行き成功率90%! 環境が変わった時は新しい場所に慣れるまでに少し時間がかかりますが、
きれい好きに育てていますので、サークルの中でウンチを踏み回るなどの心配はないです。
子犬は「人間が優先」のリズムで育てていますので、私の用事が済むまで餌を待ち。欲しがって泣く事もなく育てていますので、「子犬の鳴き声で朝起きてしまう」などの心配はないので、ご安心下さい。
自身を持って新しい飼い主の方へとお渡しできます。
部屋のドアを開けるとシッポをブンブン振り喜ぶ姿を見ると、疲れたあなたを癒し家族みんなハッピー気分。室内犬では人気のプードルは体臭が殆どなく気にならないので大変飼いやすいワンちゃんです。 ゆったりとした気分で過ごされたい方、お歳を召された方にも、初めてワンちゃんを飼われる方にもオススメのワンちゃんです。

パリスの子犬について

PARIS DOG

030_16.PNGブリーディング・ポリシー
健康はもちろんのこと小さくてもしっかりした子犬。容姿が可愛い事はもちろんのこと、お顔の可愛いスタンダードが生まれるように、理想の子を目指してブリーディングしております。性格につきましては家族だけでなく誰からでも愛される明るく人懐っこい性格で皆様の最高のパートナーとなれる子犬を育てています。また一匹一匹に十分な愛情をもってお世話をしたい為、私一人でもきちんと管理できる頭数にしているので、常に子犬がいるわけではありません。子犬達は自宅のリビングで、色々なものに興味を持たせ社会性を育てながらお引渡しまで過ごしております。賢く優秀な子!こんなに小さいのに凄い!と気に入って頂きたいのでトイレトレーニングも入れて、お渡しする頃には100点を目指しています。また子犬をお譲りするまでがお付き合いではなく、子犬は嫁に出す親の気持ちと同じ思いで、お譲りさせていただいてからが本当のお付き合いだと考えておりますので、お引渡し後に嬉しい事やご不安なことなど色々出てくるかと思いますが、親バカ話も大歓迎です。しつけや飼育相談など、どのような事でもお気軽にご連絡ください。

子犬との出会いで、皆様の暮らしが毎日楽しく豊になればとても嬉しいです。

プードルの特性

プードルの始まりは、水鳥猟犬だったと言われています。

030_16.PNGプードルの歴史
フランス、中央ヨーロッパで古くから飼育されていた。16世紀頃にスタンダードより改良された、ミニチュア・プードルが作られ、18世紀頃にトイ・プードルが作られました。トイプードルの先祖については、その起源説はさまざまあり、フランス原産とする説もあれば、ドイツが起源だとする説もあります。いったいどこ?とゆう状態ですが、フランス語でプードルは、カニッシと呼ばれ、これは直訳すると「カモの犬」となります。現在のプードルのクリップスタイルの、コンチネンタル・クリップなどは、一部の人からは妙なカットスタイルと思われ、スネ夫のママが飼っていそうなイメージが私にもありましたが、水猟犬であった頃、水場で動きやすいように、体を水の冷たさから守るために、このスタイルが考えられて、顔の毛が刈られるのは、狩猟の際に毛が目を邪魔して視界をさえぎらないように、胸の毛を残すのは、冷たい水に入った時に肺を冷やさないように、頭の毛と尾のポンポンがあるのは、狩猟家がイヌを探しやすいように、という目的があって、残りの部分は泳ぎや動きの邪魔のならないように短く刈り込まれていました。だからといって、このスタイルをしている子は泳ぎが上手いかと言うとそうではないですが、プードルは実用犬として人間に仕え水鳥猟犬として活躍していました。

プードルの基礎知識

温和で、賢く、人なつっこい!プードルは魅力いっぱい!

030_16.PNGプードルの性格
トイプードルは、人懐こくて大の遊び好きです。感情が豊で、飼い主さんやその家族に甘えるのが上手なワンちゃんです。非常に頭が良いのも特徴の一つ。ですから、しつけなどの点では、物覚えなども抜群で、初めてワンちゃんを飼われる方などにおススメです。賢く、従順なので飼いやすく体臭が少ないので室内飼いに向いています。プードルは、怖がりなイヌ、というレッテルをたまに貼られてしまう事があるようですが、とんでもない。プードルは素晴らしいイヌです。明るく、愛情深く、社交的で、フレンドリー、そしてポジティブ。そんないいとこづくめのプードルは、完璧な犬種です。飼い主の感情を敏感に感じ取るトイプードルは、遊びや散歩などを通して、人の側から愛情を示してあげることによって、いくらでも愛情深いワンちゃんになるのです。

プードルの毛色
プードルはカラー・バリエーションが豊富な犬種で、スタンダードには表記されている毛色は、14種類。基本となるのはブラック・ホワイト・ブラウンの3色で、他にレッド・アプリコット・シルバー・ベージュ・シルバーベージュ・シャンパン・カフェオレ・クリーム・ブルー・グレー・シルバーグレーがあります。

プードルのサイズ
現在、日本で認められているプードルのサイズは、4サイズ。「スタンダード」、「ミディアム」、「ミニチュア」、「トイ」この他、標準書のスタンダードでは、認められていませんが、血統書上では、トイに含まれるが、体重2.5kg以下の「タイニー」、1.8kg以下の「ティーカップ」サイズも広まりました。

  サイズ    体高     体重
●スタンダード 45〜60cm   25kg以下
●ミディアム  38〜45cm   15kg以下
●ミニチュア  28〜38cm   9kg以下
●トイ     28以下     3kg前後
●タイニー   23cm以下   2.5kg以下
●ティーカップ 18cm以下   1.8kg以下
サイズの見分けとして体重だけで判断する方もいますが、体高と体重を合わせて全体のバランスを見て判断します。

ninakoinu2.jpg

ninakoinu1503301.jpg

ninakoinu04102.jpg

scott1504252.jpg

scott1504251.jpg

scott1504253.jpg

scott1405254.jpg

scott1504255.jpg

scott1504256.jpg

抱っこした時に感じる健康状態や、写真よりも数倍可愛いお顔を、是非ご覧頂きたいと思いますので、お近くにお住まいの方はどうぞ、見学にお越し下さい。
遠方の方は、ワンちゃんについてのご質問など、お気軽にお問い合わせ下さい。

パリスでは、プードル専門繁殖家の方達のアドバイスや交配、ご協力の元に、またフードは質の高い物、おやつも同様に数ある中から選び骨格や被毛に十分に良いものを与えて育てた母親、父親犬、仔犬達です。また、当方と同じく個人家庭のお客様にて大事に衛生管理のもと母犬を育てられた方の仔犬達の紹介もしています。
ワンちゃんには、良い一生を送らさせてあげるためにも、
ご家族の一員として一生涯可愛がって頂ける方とのご縁をお待ちしております。

全国へ空輸便でお渡しさせて頂いています。
ワンちゃんは、1回目のワクチンを終わらせてから送りますが、健康で元気にしておりますので、体力的にも問題ないですし、空輸便のペット便で送りますので生き物として扱って貰えますので、ご安心下さい。

子犬生活スタートに、おすすめ

foodbowlpink.jpg

woodycircle9060.jpg

kong.jpg

kyuusuikibrown.jpg

ユカヌバ.gif

ページの先頭へ